ホーム
  • サービス内容
  • 起業家サポート
  • 経営サポート
  • 人事・労務サポート
  • 研修・セミナー
  • お問い合わせ
  • 過去の情報
  • 事業概要
ブログサイト
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子
コンセプトお知らせ最新のブログ

所変われば・・・ところてん

川口佐和子

2005年(昨年)の夏、あるTV番組で、ダイエット効果が放映されて、大ブレイクした食品があります。

そうなんです・・・寒天やところてんが、爆発的に売れ、あちらこちらの食品スーパーで品切れが続出しました。

そのせいで、今年はところてんが含まれる部門の売上が軒並み昨年割れという
食品スーパーさんも多いはず。
 ※ところてんは、「日配(にっぱい)」とか「水物(みずもの)」といった部門名で
   売上管理されていることが多いです。

こんなことで、市場が混乱するのが、バカバカしいのですが
まあ、TVの宣伝効果がいかに優れているかという当たり前のことを
つくづく感じちゃいます。

さてさて、そのところてん、所変われば味が変わります。

東京近辺は「酢醤油&からし」
京都辺りでは「黒蜜」で食べるところも多く
地域によっては、「砂糖だけ」「砂糖と醤油」なんてこともあるようです。

さて、高知に行くと・・・出汁で食べるんですね・・・・
醤油とお砂糖が少し入って
これがなかなかGOODです。

ところてん.JPG  <坂本龍馬が素敵!>

高知のところてん市場は、製麺屋さんが頑張っており
横山麺業とか関西麺業のところてんがどこのスーパーでも並んでいます。

酢醤油や黒蜜と違って、出汁の取り方、出汁の味で相当味が変わってしまうのが
高知のところてんの面白いところです。

筆者は「よこめん」(横山麺業)のところてんが大好き!

ところてん中身.JPG <横麺のところてん 見た目は春雨スープ?>

酸っぱくなく、甘くなく、
お酒と一緒に・・・・
飲み過ぎた翌日の朝食に・・・

酒飲みの高知らしい一品ですね。

もちろんダイエット食としてもGOOD

最近はコンビニに、春雨スープとか豆腐麺とか
ローカロリー商品が並んでいます。

ところてんはローカロリー食品の代表選手。
おやつというよりは食事感覚の高知の「出汁風味ところてん」が、
全国スーパーに流通する日を楽しみにしております。

製造者:横山麺業
     高知県八反町2−8−24


|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/18

オーガニックな麦酒

川口佐和子

あちゃちゃちゃ・・・
最低でも毎週1回は書こうと決めていたブログを、1回お休みしてしまいました。

10年ちょっと前からでしょうか
総合スーパーでは52週マーチャンダイジングという言葉が流行だして
毎週売場計画は見直さなければいけないんだ!!
という考え方が、今ではローカルなスーパーマーケットにまで行き渡るようになってきました。

と思いつつ、52週ブログを試みたのですが・・・

てな言い訳はともかく
今回の話題に入ります。

最近スーパーの酒売場に、
有機ビールなるものが沢山出回っています。

オーガニックブームもお酒まで浸透してきたんだな〜

色々試飲をしたのですが
好きなのは、「kamui organic beer」(カムイオーガニックビール)です。

有機無農薬麦芽とホップだけで作られています。
味は2種類。
それぞれ焙煎麦芽(ダークラガー)と淡色麦芽(ラガー)原料となっています。
 
            カムイビール.JPG
               <左が焙煎 右が淡色 >

オーガニック系のアルコールは
ワインでもビールでも
そんなに美味しくないというのが3年ぐらい前まで迄のイメージですが
このビールは、普通の地ビールと比べてもかなりいけます!

オーガニックピルスナーで
有機無農薬麦芽100%使用。
低温発酵して長期熟成させたとのこと。

ベルギービール好きは是非お試しあれ!

1本330円ですから、スーパーで売るには少し高めの価格です。

が・・・・良く買い物に行くスーパーの店頭からは消滅する気配が無く
結構 人気あるみたいですね〜

いくらオーガニック流行(ばやり)だからって
美味しくなくちゃね!! やっぱり・・・・

製造者:北海道麦酒醸造株式会社
     小樽市有幌町1番

(おまけ)
7月16日にオフィスで「麦味噌」仕込みました。
2ヶ月ぐらいするとイイ感じになるとのこと
「もろきゅう」「味噌鍋」「ちゃんちゃん焼き」・・・・・  
カムイオーガニックビールと一緒に・・・・

楽しみです!!!!!

麦みそ.JPG <10Kg 仕込みました〜>

材料は福岡県からのお取り寄せです。
麹・大豆・塩がセットで送られてきます。
4,364円(送料込み)です。

原料販売者:高砂味噌有限会社
        福岡県粕屋郡宇美町2−36

※今回の味噌造りご指導は、
  またまたアッカの藤原姉妹がしてくださいました。
  (アッカさん ブログ登場3回目)
  いつもありがとうございます。


 

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/16

スーパーでナイスショット!

川口佐和子

レトルトカレーが花盛りの今日この頃。
有名カレー店のみならず、全国各地のご当地カレーがスーパーに出回っています。

今回見つけたのが
「〜ゴルフ場のカレー屋さん〜
 三朝カントリー倶楽部名物 フルーツカレー」です。

フルーツカレー.JPG <1人前200g 辛口>

三朝カントリー倶楽部は鳥取にあるゴルフ場で、1964年に開業した高原リゾートコースだそうです。

三朝カントリー倶楽部HP
http://www.misasa-cc.com/index.html

三朝温泉も近くて、とっても良さそうな所です。

このカレーを販売しているのは倉商という会社で、活魚・冷凍・鮮魚を輸入流通させる海の商社+物流業者さんです。
新規事業へ参入ということで、レトルトカレーを販売しはじめた模様です。

倉商HP
http://www.kurasho-group.co.jp/kurasho/index.shtml

ダイレクト販売用のHPを見ると、売価500円の商品が特価で420円にディスカウントされていました。
慣れない商売で在庫過多になり、ディスカウントというパターンなのか?
もともと、500円という売価設定が高すぎたのか?

販売にはちょっと苦戦気味のようです。

でも筆者が買ったのは、328円でした。

さすがスーパーマーケットです。商品のクオリティと末端流通価格のバランスを良く心得た売価です。
筆者も500円ではこの商品に手を伸ばさなかったと思います。

だって、外食をすれば、そこそこのカレーが800円から1,000円ぐらいで食べられるんですから、
よっぽど特徴がなければレトルトに500円は払いません。

主婦が一人のお昼に、家でちょっと贅沢をする
休日にゴルフ場に行けないお父さんが、グリーンに思いをはせながらカレーと一緒にビールを一杯
そんな場面では、380円ぐらいまでが適当な売価だと思います。

でもね
美味しいんですよ〜 なかなか

  <見た目はフツー> カレー出来上がり.JPG 

口に入れた時は、フルーツベースのまろやか甘さが舌の前方部分に広がります。
次に気持ちの良い、さわやかな辛さが舌の奥の部分に広がります。

今回は辛口しか買わなかったのですが
甘口・中辛・辛口とあるので、きっとそれぞれの風味があって美味しいんだろうな〜と想像しちゃいます。

手間をかけて作っているので、500円の売価にしたかったのは解りますが
大量に市場に流したいと思ったら、やはりそれなりの価格がね・・・大切です

倉商様へ 味も価格もナイスショットを狙ってください!

販売者:株式会社倉商
     大阪府泉佐野市住吉町31−1


|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/15


このページの上へ

ALL page |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30 
コンサルタントプロフィール
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子