ホーム
  • サービス内容
  • 起業家サポート
  • 経営サポート
  • 人事・労務サポート
  • 研修・セミナー
  • お問い合わせ
  • 過去の情報
  • 事業概要
ブログサイト
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子
コンセプトお知らせ最新のブログ

「味は大石」 「値はお軽」

川口佐和子

スーパーマーケットをブラブラしていると、「うひゃ・ひゃ・ひゃ・ひゃ!」という感じのパッケージデザインに遭遇することがあります。
そのひとつが、中部から関西から瀬戸内にかけては、結構有名なブランドの<関取印の花切大根>です。
まあ・・取りあえず・・パッケージを見てください。

              関取印.JPG
               <インパクトありすぎ>

ねっ!
うひゃ・ひゃ・ひゃ・ひゃ! インパクトがありますよね。
お相撲さんが大根を両脇に抱え込んで、左手の大根には「味は大石」と書かれており、右手の大根には「値はお軽」と書かれています。だじゃれですね〜。解りやすく言えば、「味は美味しい」「価格は安い」ってことになります。ちなみに、60g入りを128円で買いました。

ところで大石って? お軽って?
大石は赤穂浪士のリーダー大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)のこと。ご存じの通り、主君の仇討ちをして切腹を命じられて死んでゆきます。
お軽は仮名手本(かなでほん)忠臣蔵に出てくる架空の人物で、勘平という武士と駆け落ちをして、勘平はもろもろの理由で切腹、お軽は遊女に・・・・というドラマチックな話の主人公です。

仮名手本忠臣蔵は江戸元禄時代の赤穂浪士の討ち入りを題材にして、南北朝時代に話を移し替えた創作劇(人形浄瑠璃・歌舞伎)です。

そうなんです「味は大石、値はお軽」は史実の忠臣蔵とフィクションの仮名手本忠臣蔵を掛け合わせた、なかなか洒落(しゃれ)たキャッチコピーです。

さて、花切大根とは割干(わりぼし)大根を細かく切ったモノ。割干大根とは、生大根を縦割りにし、天日で乾燥させた大根を薄く切った切干大根です。

袋の裏には、おみそ汁の実として使うと美味しいと書いてあります。聞くところによると、あさりと一緒にみそ汁にするとGood!とのことなので、作ってみました。

             花l切みそ汁.JPG
       <手前の銀杏の形をしたのが花切大根のふくらんだもの>      

              
筆者の実家では、生の大根を短冊切りにしておみそ汁に入れましたが、切干しバージョンは関東では、あまり食べない味。歯ごたえと甘味があって、美味しかったですよ。

関取印 「花切大根」   
  製造者:紙屋本店 萩原克英        → 会社じゃなくて個人事業主です
     岡山県倉敷市船穂町水江1273
     HPは http://www.kiriboshi.com/ → URLが「切干し」です

 ※コンセプトの全てがexcellent! 

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/45

節分はスーパーの新年

川口佐和子

今日は節分です。日本の家庭では様々な行事を行っていることと思います。

節分は旧暦の大晦日です。
豆まきをするのも
柊(ひいらぎ)に鰯(いわし)を刺して玄関に掲げるのも
恵方巻きを食べるのも
全ては、これからの一年を無事に過ごせますようにという祈りをこめた行事です。

 (今年は南南東に向かって恵方巻きを食べていますか?)

さて、タイトルの<節分はスーパーの新年>の意味です。スーパーマーケットにとって年末年始はかき入れ時で、寒い時期なのに汗をかきかき、息つく暇もなく営業を続けています。だから、お正月が終わると少し売場がくたびれてきて、なんとなく締まりのない売場になるのが例年のこと。

そこで節分を機に、
明日(立春)から新年を迎える気持ちで,売場を作り替えましょう!
だから節分はスーパーマーケットの新年、というのが筆者の持論なのです。

今回は私が気に入った節分用の商品をご紹介します。高知県の野村煎豆加工店が製造している、紙製の升(ます)に入った福豆です。

 DSC01120.gif DSC01128.gif                     <3種の豆が楽しめるのが嬉しい!> 

升の中には、小袋入りの福豆と2種類の豆菓子が入っています。福豆は嫌いじゃないけど、お腹が一杯になってしまって沢山は食べられません。
これならば翌日のおやつにも食べられますよ〜
この商品はとっても親切設計!!って、皆さん、そう思われません?

福豆は166円で高知市内のスーパーで買いました。

私が子供の頃は、近所の乾物屋(かんぶつや)さんで豆を買って、木の升に入れて神様にお供えをしてから、夜中に豆まきをしました。

「鬼は外、鬼は外、鬼は外」と早口で言いながら、豆を3回窓の外にまき
最後に「福は〜内!!」と言って、豆を家の中に1回まいて
急いで`パッシャッ`と窓を閉めます。(鬼が戻って来ないように・・・)
きっとこれは我が家の方式で、それぞれの家庭で、それぞれの流儀があるんでしょうね。 

 ではでは
 このブログを読んで下さった皆様の、これからの1年が良い一年でありますように

 「福は〜内!!!!」

  <福豆の製造元>
  有限会社 野村煎豆加工店
    高知県高知市大津乙1910 高知県食品団地

 
 
 
 

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/40

ぶかぶかの麺(めん)

川口佐和子

 第1回目のブログが<クタクタの麺>で、第2回目が<ぶかぶかの麺>なんて、ふざけていると筆者も思うのですが、どうしてもお話ししたい「麺の話」があります。

 今回の麺は「名古屋名物:あんかけスパゲッティ」です。名古屋栄(さかえ)のヨコイというお店が発祥と言われており、そのお店の味を家庭で食べられるのが、「スパゲッティハウス:ヨコイのスパゲッティソース」と「ヨコイのスパゲッティ」です。名古屋のスーパーマーケットではよく見かけます。今回は、高島屋で購入しました。名古屋ではデパートでも売っているんですよ〜。

ソース.gif
 <中途半端なイタリア風デザインが素敵>

 と、ここまで読んで「そうそう」と妙に納得するのが、名古屋人ですね。「あんかけのスパゲッティなんて、ありえな〜い」というのがその他の地方の方々。

 私が初めてあんかけスパゲッティを食べたのは約10年前。名古屋駅の近くにある「チャオ」というお店です。その時は、それまでの食生活の根底をひっくりかえすような衝撃を受けたことを思い出します。正直言って、その時は「なんじゃこりゃ〜〜。2度と食べるまい」と思ったのでした。

 そう・・・ぶかぶかにふくれあがったパスタ。見た目はぶかぶかだけれど硬さもある。パスタは1.5mm〜1.8mmのパスタをアルデンテに茹でて食べるもの!と信じ込んできた私にとって、それまでの人生の中で記憶に無い物体を口にしてしまい、脳みそがひたすら、ぶかぶかの麺を否定しようとしているのでした。ソースはといえば、トマトベースで少しトロッとしており、赤味噌文化の名古屋らしいメリハリの無い味。なのにコショウの風味が強い、それはそれは不思議な食味(しょくみ)なのです。

 ところが、仕事で名古屋に通い続けて10年、ついに「あんかけスパ」の魔の手に捕まってしまいました。3回ぐらい我慢して(?)食べていると、中毒になりますね・・・何故か・・・。

 最近は、稲沢にあるアピタ1Fのチャオによく行きます。食べるのは定番の「ミラカン」(ミラネーズカントリーの略)。ミラネーズは赤いウインナーが入ったソース、カントリーはタマネギ・ピーマン・マッシュルームなどの野菜が入ったソース、この2つをドッキングさせた、超贅沢なメニューです。

 チャオでも家庭用のパスタとソースを販売しているのですが、スーパーマーケットではみかけません。

 ということで、ちょっと頑張って、ヨコイのパスタとソースでミラカンを作ってみました。

アンカケスパ.gif
 <お皿が少し小さくて失敗〜>

 日本中の皆様!よく聞いてください。
 「あんかけスパは3回食べないとその深さがわからない!」
 たった1度の経験で諦めるなかれ・・・

袋2.gif
 <Mr.ヨコイが描かれたソースの袋、結構かわいい>

ヨコイのソース 4人用2.2mm 500g(250g×2袋) 210円
ヨコイのスパゲッティ       450g          735円
 ※価格は名古屋駅の高島屋地下グロッサリー売場の価格です。

 販売者:有限会社スパゲッティヨコイ        
    愛知県名古屋市中区栄3-10-11

 製造者:日本製麻株式会社 食品事業部北陸工場 
     富山県砺波(となみ)市下中3-3


|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/36


このページの上へ

ALL page |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30 
コンサルタントプロフィール
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子