ホーム
  • サービス内容
  • 起業家サポート
  • 経営サポート
  • 人事・労務サポート
  • 研修・セミナー
  • お問い合わせ
  • 過去の情報
  • 事業概要
ブログサイト
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子
コンセプトお知らせ最新のブログ

ぶかぶかの麺(めん)

川口佐和子

 第1回目のブログが<クタクタの麺>で、第2回目が<ぶかぶかの麺>なんて、ふざけていると筆者も思うのですが、どうしてもお話ししたい「麺の話」があります。

 今回の麺は「名古屋名物:あんかけスパゲッティ」です。名古屋栄(さかえ)のヨコイというお店が発祥と言われており、そのお店の味を家庭で食べられるのが、「スパゲッティハウス:ヨコイのスパゲッティソース」と「ヨコイのスパゲッティ」です。名古屋のスーパーマーケットではよく見かけます。今回は、高島屋で購入しました。名古屋ではデパートでも売っているんですよ〜。

ソース.gif
 <中途半端なイタリア風デザインが素敵>

 と、ここまで読んで「そうそう」と妙に納得するのが、名古屋人ですね。「あんかけのスパゲッティなんて、ありえな〜い」というのがその他の地方の方々。

 私が初めてあんかけスパゲッティを食べたのは約10年前。名古屋駅の近くにある「チャオ」というお店です。その時は、それまでの食生活の根底をひっくりかえすような衝撃を受けたことを思い出します。正直言って、その時は「なんじゃこりゃ〜〜。2度と食べるまい」と思ったのでした。

 そう・・・ぶかぶかにふくれあがったパスタ。見た目はぶかぶかだけれど硬さもある。パスタは1.5mm〜1.8mmのパスタをアルデンテに茹でて食べるもの!と信じ込んできた私にとって、それまでの人生の中で記憶に無い物体を口にしてしまい、脳みそがひたすら、ぶかぶかの麺を否定しようとしているのでした。ソースはといえば、トマトベースで少しトロッとしており、赤味噌文化の名古屋らしいメリハリの無い味。なのにコショウの風味が強い、それはそれは不思議な食味(しょくみ)なのです。

 ところが、仕事で名古屋に通い続けて10年、ついに「あんかけスパ」の魔の手に捕まってしまいました。3回ぐらい我慢して(?)食べていると、中毒になりますね・・・何故か・・・。

 最近は、稲沢にあるアピタ1Fのチャオによく行きます。食べるのは定番の「ミラカン」(ミラネーズカントリーの略)。ミラネーズは赤いウインナーが入ったソース、カントリーはタマネギ・ピーマン・マッシュルームなどの野菜が入ったソース、この2つをドッキングさせた、超贅沢なメニューです。

 チャオでも家庭用のパスタとソースを販売しているのですが、スーパーマーケットではみかけません。

 ということで、ちょっと頑張って、ヨコイのパスタとソースでミラカンを作ってみました。

アンカケスパ.gif
 <お皿が少し小さくて失敗〜>

 日本中の皆様!よく聞いてください。
 「あんかけスパは3回食べないとその深さがわからない!」
 たった1度の経験で諦めるなかれ・・・

袋2.gif
 <Mr.ヨコイが描かれたソースの袋、結構かわいい>

ヨコイのソース 4人用2.2mm 500g(250g×2袋) 210円
ヨコイのスパゲッティ       450g          735円
 ※価格は名古屋駅の高島屋地下グロッサリー売場の価格です。

 販売者:有限会社スパゲッティヨコイ        
    愛知県名古屋市中区栄3-10-11

 製造者:日本製麻株式会社 食品事業部北陸工場 
     富山県砺波(となみ)市下中3-3


|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/36

クタクタの麺(めん)

川口佐和子

 記念すべき第1回目のブログのタイトルが<クタクタの麺>というのも、少し情けないのですが、今時流行の「昭和時代の話題」ということで、少しおつき合い下さい。
 ある時、近所のスーパーマーケットに行くと、オーッ!!!!懐かしの「ソフトメン」が売られているではありませんか。昭和40年代に小学校時代を過ごした筆者としては、胸うちふるえ、思わず2袋買ってしまいました。
当時の小学校給食では、ド定番のメニュー。大概ミートソースと一緒に食べることになっていました。

【玉川屋のソフトメン−昭和時代の思い出の味】
clip_image002.jpg


ソフトメンはその名の通り「クタクタ」なんです。「コシがありますね〜」なんていう、彦摩呂さんのコメントは絶対聞くことができないシロモノ。きっと生地を寝かせてコシを出すなんて作業が中抜けされているんだろうな〜と思いつつ、袋のまま、お湯で温めて、ミートソースをかけて食べてみました。


【ソフトメン&レトルトミートソース】
clip_image001.jpg       
懐かしいお味にうっとり〜♪
 
お正月が終わり、だけれどお鍋にも飽きてきた今頃の時期。究極の手抜き料理を食べながら、昭和を語りつつ、家族団らんもよろしいじゃありませんか?
レトルトのミートソースを使えば、調理時間3分程です。
私は1袋100円で買いました。袋の裏を見ると、原材料は小麦粉と食塩のみ。完璧な自然食です。

製造者:玉川食品株式会社
東京都北区豊島7-15-12 tel:03-3913-5705 

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/24


このページの上へ

ALL page |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30 
コンサルタントプロフィール
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子