ホーム
  • サービス内容
  • 起業家サポート
  • 経営サポート
  • 人事・労務サポート
  • 研修・セミナー
  • お問い合わせ
  • 過去の情報
  • 事業概要
ブログサイト
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子
コンセプトお知らせ最新のブログ

味が命の松茸

川口佐和子

9月になりどこのスーパーも秋らしい売場に変わってきました。
秋になると、夏とはガラリと変わった食味の商品が売場に並び、
スーパーマーケット巡りもまた楽しさがひとしおです。

さて、今回は秋の味覚の王様、「松茸の土瓶蒸し」です。
土瓶ごと野菜売場に並べられている迫力ある姿が、ついつい気になってしまい
迷わず購入!

土瓶蒸し.JPG <左は具だけ、右は具入りの土瓶>

具入りの土瓶は880円でした。(隣のスーパーは980円・・・)
具だけだと398円です。

てことは、この織部焼(おりべやき)っぽい色の土瓶は、
単純計算すると、売価が482円なの?
なんだか、土瓶の値段が安い気がします。

ともあれ食べてみます。

土瓶蒸しの具.JPG <いろいろ入ってますよ〜>

具の種類は、松茸・銀杏・えび・筍となかなか豪華。
乾燥三つ葉も入っていて、自分で用意するのは「すだち」ぐらいです。

濃縮の出汁を水で薄めて、具を入れて、火にかけるだけ
調理時間は3分ってところでしょうか。
最後に乾燥三つ葉を入れて出来上がり。

土瓶蒸し出来上がり.JPG <とっても素敵な出来上がり>

さてさてお味は・・・・・?

出汁の風味が強くて、松茸の香りがあまりしません。
それぞれの具材も、水煮の缶詰を食べている感じで、どうも食感が柔らかすぎて、風味も今ひとつってところです。

具を別売りして、継続購入を狙ったところまではOKなのですが
美味しくないとリピートはないのでは?

家で食べる土瓶蒸し。
アイデアはなかなかGOODですが、
松茸の土瓶蒸しは、お手頃な飲み屋さんだったら980円〜1480円ぐらいで食べることができ、それを考えると、味にもっと拘らないと、売れないんじゃないかな〜
と筆者は思ってしまいます。

この製品は中国産で広島の会社が輸入しています。
土瓶が安いのも、中国で作って入るからなのね・・・と変に納得

広島産の松茸使用とはどこにも書いていません。
当たり前か・・・
(昆布は利尻だそうで・・・)

もちろん広島産の松茸がこの価格で食べられるとは思ってもいませんが
商品の裏を見ると・・・広島の住所が書いてあり
松茸と言えば広島という連想をしてしまうだけに、
このお味にはちょっとガッカリ。

中国で生産していても良いので、
頑張って味の改良してくださ〜い

もちろん食品の味には「香り」も含まれていますよ〜

食品は「味が命」です。

輸入者:こだま食品株式会社
     広島県福山市駅家町法成寺1675−9

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/21

お茶会にまつわる話

溝口暁美

 お茶会の準備といえば、もちろん茶碗や茶器などの道具なのですが、なんといっても苦労するのは「花」です。○年前、初めて主催者の一人として、茶席を任されたときの苦労が忘れられません。

 一般に茶席の花は、和花で野の花のような素朴なものが好まれます。実家でもお茶をやりますが、それこそちょっと道端に咲いていたり、庭に出れば何かあるような環境で、難しいと思ったことは無かったのですが、東京で「茶花」を探すとなると、専門店(高い!)に行く、あるいは取り寄せなどしなくてはなりません。
 茶席によっては、少しモダンな花なども合うので、一般の花屋をのぞいたりするのですが、イメージにぴったり合うものというのはなかなか無いものなのです。

 その○年前の茶会は、外国の道具を使ったり、立礼(椅子とテーブルでしつらえる茶席)でしたので、華やかな洋花もいいかなぁなどと考えつつ、とにかく花を探すのも初めて、どんな花をあわせるのかもやりながら考えているような状況で、本当に前日まで悩んでいました。

 最後の最後に、六本木の後藤花店に駆け込んで、めぐり合いました。
 なぜだか、一目ぼれ! 見たとたんに「あー、この花を探してたんだぁ」と思ってしまう。不思議でしたね。
 anemon3[1].jpg
 一目ぼれした花「アネモネ」
 「季節の花 300」 http://www.hana300.com の写真を使わせていただきました。

 茶席と花のマッチングに感動した体験でした。

 それにしても、その時の私、茶会の準備のためTシャツGパンで肉体労働した後に花を探しに行って、花屋で残っていたアネモネを買い占めたりして(最後の5〜6本でしたが)・・・お店の人に「撮影か何かですか?」(笑)。たしかに、そういう雰囲気でした。場所柄、そんなお客様も多いのでしょうね。

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/20

夏のお茶会

溝口暁美

 残暑お見舞い申し上げます。東京は蒸し暑い日が続きます。

 暑い中、7月の終わりと8月(つい昨日)に、続けてお茶会をやりました。

 7月のお茶会には、お茶が初めて!という3組のカップルが遊びに来てくれました。皆さん、それぞれに楽しんでいただけたのかな?と、自己満足はしておりますが、中でも「お茶が美味しかった!」といっていただいたのが嬉しかったですね。初めてだと、緊張して道具や景色、雰囲気などになかなか目が行かないこともあるようですが、美味しくお茶を飲んでいただければそれがなにより。次回、少し余裕が出てるとまた楽しいと思うので、ぜひ春ごろ企画しましょう。

 昨日は、お茶をやっている仲間とのお茶会で、お客様も20人以上は来ていただきました。暑い中、来ていただくのに、簡単なおもてなしのお茶会でしたので、今回はお菓子にずいぶん気合を入れましたね。
 まず、凍らせたゼリーで一息ついていただいてからお茶室に入っていただきます。席中での主菓子は涼しげな寒天の棹もので、さらにもう一服には、波打ち際の貝をイメージしたお干菓子です。
・・・しまった、お菓子の写真がありません。

 後日アップしますので、少々お待ちを・・・。

                    日々草2
                  何も無いのも寂しいので、、ベランダのお花です。
                  一夏よく咲いて、楽しませてくれています。

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/19


このページの上へ

ALL page |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86 
コンサルタントプロフィール
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子